コレクション: パブロ・ピカソ

20世紀で最も偉大で多作な画家の一人で、絵画、版画、陶器、彫刻などを制作した。マドリードとパリ、アンチーブにピカソ美術館、ケルンのルートビッヒ美術館も多くのピカソを収蔵し、多くの美術館も競ってピカソを買い求めた時代によって作風が変化し、アフリカ彫刻に影響を受けて、キュビスムの生み出した。

19011904:青の時代 19041906:バラ色の時代 19061921キュビスムの時代  19171925:新古典主義の時代 19251936:超現実主義の時代】 

1881年 スペインのマラガに生まれる

幼い頃から才能を発揮し8歳で油彩画を描く

1992年 ラ・コリューニャ美術学校入学

美術教師、学芸員だった父は、息子パブロ・ピカソの大変な才能に驚き、自分の油彩道具を彼に与え、自分は描く事を辞める。

1995年 バルセロナの美術学校に入学

1997年 マドリードの王立サン・フェルナンド美術学校に入学

1904年 パリのモンマルトルの洗濯船に居を構える

1973年 フランスニース近郊で他界

決済方法の選択

高額品と5万円未満は無金利分割払いの設定がありません。ご相談ください。