コレクション: マリー・ローランサン

1883年 パリ生まれ

アカデミー・アンベールで絵画教育を受ける。

アカデミー・アンベールでジョルジュ・ブラックと出会い。モンマルトルの洗濯船(bateaux lavoire)のアトリエでピカソや詩人とアポリネールと親交を深め、キュビスムの影響を受ける。

アポリネールと恋に落ち、後別れる。アポリネールの有名な詩ミラボー橋はマリー・ローランサンへの思いを綴ったと言われる。

1907年サロン・デ・アンデパンダン展に出展

1912年初めての個展開催。キュビスムの影響を抜け出し、優雅な女性像を描く。フランス人でありながら、エコール・ド・パリの画家として注目を集める。

1914年ドイツ人男爵と結婚。第一次世界大戦の為マドリード、バルセロナに避難する

1920年パリの戻る。新しい時代を代表する売れっ子画家となり、パリの上流婦人の間では、マリー・ローランサンに肖像画を注文する事が流行となる。

舞台装飾や舞台衣装のデザインでも成功を収める。

第2時世界大戦では、ドイツに自宅をされながら創作を続ける。

1954年パリで永眠

決済方法の選択

高額品と5万円未満は無金利分割払いの設定がありません。ご相談ください。