ギャルリー亜出果

ミッシェル・アンリ 【パリのノートルダム】 油彩8号F【額付

ミッシェル・アンリ 【パリのノートルダム】 油彩8号F【額付

通常価格 ¥2,000,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥2,000,000 JPY
セール 売り切れ

1990年以前の作品 

ミッシェル・アンリは花をメインに描く画家でビュッフェ、ブラジリエなどと共に20世紀フランス画壇を代表する画家です。絵画から幸福感感じられるので、フランスでは幸福の画家、ポピーを多く描くのでアメリカではポピーの王様と呼ばれています。透明感のある色彩は、宝石に例えられます。赤はルビーの色、ブルーはサワイアの色、緑はエメラルドの色、深みのあるブラウンはトパーズの色言われます。ミッシェル・アンリの絵画はパリ市近代美術館、スエーデン王室、モナコ公国、サウジアラビ王室等が収蔵しています。ギャルリー亜出果は1995年以来ミッシェル・アンリの日本総代理店として日本各地の有名百貨店、画廊でミッシェル・アンリ来日展を企画し、ミッシェル・アンリの作家自筆サイン入りオリジナル版画の制作、絵画版画の販売、著作権の管理をしています。

 

作品解説

多くの画家がパリのノートルダム大聖堂をこの角度から描いている。平面的な正面よりも、立体感があるのと、建物全体の立体感のある美しい形状を描けるからだろう。モンマルトルのサクレクール寺院、エッフェル塔と共にパリを象徴する建物だ。サクレクール寺院とエッフェル塔が19世紀に造られたのに対してノートルダム大聖堂は12世紀~13世紀に100年掛けて建てれた中世ゴチックの最高傑作と言われている。天を目指して伸びている尖塔を中心にした壮大荘厳なノートルダム大聖堂とセーヌ川岸に置かれた一輪のバラを対峙させている。この中世の偉容を誇る世界一の大聖堂と一輪のバラとどちらが美しいかとミッシェル・アンリは問うているようだ。ミッシェル・アンリが愛してやまない一輪の花とパリを同時に描くとき、ミッシェル・アンリは深い幸福に包まれるのだろう。ノートルダムとバラの間に、青い空と光を反映して美しく輝くセーヌ川の水面が描かれ、キャンバス左上からは枝葉しだれている。前景と遠景の間にオブジェを描く遠近法は、ヨーロッパが日本の浮世絵から学んだ技法だ。可憐な一輪のバラと中世からパリを見守り続けた聳えたつノートルダム大聖堂の間を煌めくセーヌ川の水面が静かに流れていく。パリに生きる歓び幸福感に満ちた絵だ。 

 

ギャルリー亜出果 武田康弘

 

 

詳細を表示する