フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

レイモン・ペイネ 【木陰の二人】オリジナルリトラフ版画 作家自筆サイン入り【額付】350部限定 57x43㎝ 1985年制作 額サイズ86x64cm レイモン・ペイネ記念切手貼付  リトグラフは18世紀ヨーロッパで発明された版画制作の技法で19世紀~20世紀にヨーロッパの画家達が盛んにオリジナルリトグラフ作品を制作した。  レイモン・ペイネは20世紀フランスで最もポピュラーなイラストレーターで、フランスと日本に複数の美術館があります。恋人達の愛を描き、恋人達の回りには常に小動物や木々花々が描かれ、ペイネの作品は愛と平和のメッセージあり、小動物や植物への共感は環境保護に通じます。広島平和公園には、世界平和のシンボルとしてペイネの恋人達の彫刻が置かれています。この版画は1985年にシリーズでフランスで制作されました。もちろん新品です。フランスでも売り切れていて、中古品がマーケットにでる程度です

レイモン・ペイネ 【木陰の二人】オリジナルリトラフ版画 作家自筆サイン入り【額付】

通常価格
¥150,000
販売価格
¥150,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
配送料は無料です。配送の詳細はリンクをご確認下さい。

350部限定 57x43㎝ 1985年制作 額サイズ86x64cm レイモン・ペイネ記念切手貼付

リトグラフは18世紀ヨーロッパで発明された版画制作の技法で19世紀~20世紀にヨーロッパの画家達が盛んにオリジナルリトグラフ作品を制作した。

レイモン・ペイネは20世紀フランスで最もポピュラーなイラストレーターで、フランスと日本に複数の美術館があります。恋人達の愛を描き、恋人達の回りには常に小動物や木々花々が描かれ、ペイネの作品は愛と平和のメッセージあり、小動物や植物への共感は環境保護に通じます。広島平和公園には、世界平和のシンボルとしてペイネの恋人達の彫刻が置かれています。この版画は1985年にシリーズでフランスで制作されました。もちろん新品です。フランスでも売り切れていて、中古品がマーケットにでる程度です。ペイネの美術館等の情報は以下のサイトを見てください。 

 

【作品解説】

樹木のある緑地の公園のような場所の一画に木陰で風雨から守られた場所があり、籐椅子が一対おいてある。絵は中心でシンメトリーの構図の構図となっている。ペイネが多用する構図だ。樹木の屋根付き衝立も左右対称で後方の樹木も同じだ。男女も彼等が座る籐椅子も左右1対の対象を構成している。初夏の濃い緑の中の恋人達は会話に興じているようだ。女性が話して、男性は下を向いて女性の話を聞いている。様々の色の小鳥達が衝立の樹々にとまっている。彼女の籐椅子にはリスが下りて来て、彼女の話を聞いている。地面に水色の花をつけた草花が咲いている。心地よい晴れた夏の空の下の平和な風景だ。女性の胸は取り外されて男性が大事そうに抱えている。男性が抱えている女性の母乳からは新芽がでている。随分長い時間抱え続けていたのだろうか?

ギャルリー亜出果 武田康弘

 

【ギャルリー亜出果】は1992年頃に、レイモン・ペイネの版元ミュレ氏(レイモン・ペイネと共同でレイモン・ペイネの版画を制作して、レイモン・ペイネが自筆のサインを入れた)の甥でその版画のフランスの発売元(エディション・デ・セルクル)の代表のアレクサンドル・トカール氏から5000部購入した。

ギャルリー亜出果代表武田康弘夫妻とアレクサンドル・トカール夫妻↓

 

ギャルリー亜出果オーナー武田康弘夫妻とレイモン・ペイネ発売元のアレクサンドル・トカール氏夫妻の写真 

ギャルリー亜出果のオーナー武田康弘は南フランスのモンペリエ大学を卒業しているが、アレクサンドル・トカール氏もモンペリエ出身でモンペリエ大学の後輩だった。ギャルリー亜出果は、アレクサンドル・トカール氏との友情が起点となってレイモン・ペイネ版画の販売に力を注ぎ始めた。

 

アンチーブ市立レイモン・ペイネとユーモラスな画家美術館でレイモン・ペイネのオリジナル版画(リトグラフ)を説明するレイモン・ペイネの娘アニーペイネ↓

アンチーブ市立のレイモン・ペイネ美術館でレイモン・ペイネのオリジナル版画(リトグラフ)を説明する、レイモン・ペイネの娘アニーペイネ

 

ギャルリー亜出果は1995年~2015年の20年間軽井沢プリンスホテルニギャラリーヴァンドフランスを経営していた為、同じ軽井沢のペイネ美術館とも親交があり、軽井沢ペイネ美術館と南フランスのアンチーブ市のレイモン・ペイネとユーモラスナ画家美術館との交流の為、軽井沢ペイネ美術館より派遣されアンチーブ市ペイネ美術館やレイモン・ペイネの娘アニーペイネとも交流続けている。

 軽井沢ペイネ美術館の前にあるレイモン・ペイネ作恋人達の像↓

軽井沢のペイネ美術館の前にあるレイモン・ペイネ作の恋人達の像

レイモン・ペイネの絵画世界は、恋人達の愛を中心に小動物は植物が楽しく共生する楽園を描いたいる。今の、環境破壊、戦争続く21世紀にあってレイモン・ペイネの愛と平和の絵画は現代へのメッセージと思われる。レイモン・ペイネの平和と愛と優しい自然に取り囲まれた世界に触れて、心に平和と愛と地球の仲間である自然、動物、植物を大切に思う心を育んで頂きたい。

 

【レイモン・ペイネ美術館リンク】

レイモン・ペイネのサイト

軽井沢ペイネ美術館 

アンチーブペイネ美術館インタビュー 

アンチーブペイネ美術館 

ブラサックペイネ美術館 

作東美術館(ペイネの美術館+バレンタインパーク+バレンタインホテル)

広島平和記念公園 ペイネの愛と平和のモニュメント