フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

ミッシェル・アンリがサローン・ドートンヌ副会長として1994年来日した

友だち追加

私が初めてミッシェル・アンリと会ったのは、1993年で1994年の小野田セメント(現太平洋セメント)の絵画カレンダーに彼の絵画を使用する契約を得る為だった。翌1994年のミッシェル・アンリが日本に来た。彼は、当時サローン・ドートンヌの副会長で、翌1995年11月にサローン・ドートンヌは日本特集を組む事になっていたため、日本の画家団体と打ち合わせに来た。

ギャラリーアデカ(2014年ギャルリー亜出果に名称変更)はサンシャインの中のフランス商工会議所展示場に常設していた。まだ、フランスの版画がよく売れる時代だったので、シャガール、ビュッフェ、ミロ、ローランサン、カシニョール、フランスの人気画家のオリジナル版画を販売していた。ミッシェル・アンリの版画も売っていた。ミッシェル・アンリは弊社の販売コレクションを見て、とても質の高い作品を集めていると誉めてくれた。

ミッシェル・アンリの絵画は風景の前に花を描く独特のスタイルと様々な色彩に宝石のような色彩を与えて描く画家として有名な巨匠で、当時は、元外交官のマルク・エステルという画商が関西の大丸百貨店を中心にミッシェル・アンリの絵画もビュッフ、ブラジリエ、カトラン等のフランス人気作家の油彩と一緒に販売していた。

私はそのような巨匠のミッシェル・アンリに画商として認められ、褒められて嬉しかった。ミッシェル・アンリを紹介してくれたC女史もたまたま日本に来ていて私のギャラリーに同行していたので、私にミッシェル・アンリの絵画を扱わせてくれないかと思い切って頼んでみた。C女史も驚いたようだが、私を応援してくれて、私と取引をするように進めてくれた。

私は、当時取引のあった日本橋東急百貨店と話しをして翌年にミッシェル・アンリを招待してミッシェル・アンリ展を開催する手はずを整えて、その年の秋にパリでミッシェル・アンリに再度会い、ミッシェル・アンリのOKを取った。ミッシェル・アンリはマルク・エステルとの取引を解消して、弊社と独占契約をする事となっり、まずは1995年11月の展示会の為に20点の油彩画を注文し、版画はパリの知り合いのギャラリーから買い集めた。