フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

ミッシェル・アンリ <黄金色のベニス>オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>

ミッシェル・アンリ <黄金色のベニス>オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>

通常価格
¥280,000
販売価格
¥280,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

300部限定 メージサイズ80x91cm 111x129cm 1985年制作

シルクリーンは20世紀初頭に発明された。孔版画の技法で、シルクなどもメッシュの網目から色を染み出させて紙や布にその色を移し取る技法です。色を染み出させない部分は塞ぎます。使用する色の数だけ版を重ねます。1950年代にアメリカのウオーホールなどが芸術分野で使用して、アート版画技法として広まりました。色を大量に染み出させれば、油彩絵具のような厚みも出せるので、マチエール(筆などで付けた絵具の質感)が美しいミッシェル・アンリには最適な版画技法です。

ミッシェル・アンリは花をメインに描く画家でビュッフェ、ブラジリエなどと共に20世紀フランス画壇を代表する画家です。絵画から幸福感感じられるので、フランスでは幸福の画家、ポピーを多く描くのでアメリカではポピーの王様と呼ばれています。透明感のある色彩は、宝石に例えられます。赤はルビーの色、ブルーはサワイアの色、緑はエメラルドの色、深みのあるブラウンはトパーズの色言われます。ミッシェル・アンリの絵画はパリ市近代美術館、スエーデン王室、モナコ公国、サウジアラビ王室等が収蔵しています。ギャルリー亜出果は1995年以来ミッシェル・アンリの日本総代理店として日本各地の有名百貨店、画廊でミッシェル・アンリ来日展を企画し、ミッシェル・アンリの作家自筆サイン入りオリジナル版画の制作、絵画版画の販売、著作権の管理をしています。

 

このオリジナルシルクスクリーン版画はとして1986年にイタリア海辺3部作の<リビエラ、黄金色のベニス、リビエラのデルフィニューム>として特大サイズでパリの版元で制作されました。パリの版元から直接2004年に購入した作品です。

 

 作品解説

フランスではサントロペからモンテカルロぐらいまでの地中海沿岸のリゾート地をコートダジュール(蒼い海岸)と呼ぶ。イタリアではリヴィエラと名前を変える。リヴィエラと言う単語は、イタリア語では単に海岸の意味と音楽祭で有名なサンレモあたりからフランスのコートダジュール辺りを示す固有名詞でもある。手前中央にコンポートに盛った花と果物を並べ、その向こうに穏やかに凪いだ地中海が広がっている。開放感のある海辺のリゾートだ。棕櫚の葉が僅かな風に弄ばれ揺れている。描かれてはいないが、この風景を楽しんでいるヴィラの住人の視線を感じる。

ギャルリー亜出果 武田康弘