フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>

ミッシェル・アンリ <ノートルダム> オリジナルシルクスクリーン版画 作家自筆サイン入り<額付>

通常価格
¥200,000
販売価格
¥200,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

300部限定 メージサイズ52x65㎝ 額サイズ82x94cm 1986年制作


シルクスクリーンは20世紀初頭に発明された。孔版画の技法で、シルクなどもメッシュの網目から色を染み出させて紙や布にその色を移し取る技法です。色を染み出させない部分は塞ぎます。使用する色の数だけ版を重ねます。1950年代にアメリカのウオーホールなどが芸術分野で使用して、アート版画技法として広まりました。色を大量に染み出させれば、油彩絵具のような厚みも出せるので、マチエール(筆などで付けた絵具の質感)が美しミッシェル・アンリには最適な版画技法です。

ミッシェル・アンリは花をメインに描く画家でビュッフェ、ブラジリエなどと共に20世紀フランス画壇を代表する画家です。絵画から幸福感感じられるので、フランスでは幸福の画家、ポピーを多く描くのでアメリカではポピーの王様と呼ばれています。透明感のある色彩は、宝石に例えられます。赤はルビーの色、ブルーはサワイアの色、緑はエメラルドの色、深みのあるブラウンはトパーズの色言われます。ミッシェル・アンリの絵画はパリ市近代美術館、スエーデン王室、モナコ公国、サウジアラビ王室等が収蔵しています。ギャルリー亜出果は1995年以来ミッシェル・アンリの日本総代理店として日本各地の有名百貨店、画廊でミッシェル・アンリ来日展を企画し、ミッシェル・アンリの作家自筆サイン入りオリジナル版画の制作、絵画版画の販売、著作権の管理をしています。

 このオリジナルシルクスクリーン版画はパリ4部作(グランパレ、ノートルダム、モンマルトルのサクレクール寺院、エッフェル塔とアイリス)として1986年にパリの版元で制作されました。パリの版元から直接2004年に購入した作品です。

 

 作品解説

12世紀中頃から約1世紀掛けて完成された代表的なゴチック様式の教会であるパリのノートルダム寺院を遠景に、手前にはセーヌ川を見渡す窓辺にフラワーコンポートが描かれている。全体に色調は落ち着いている。手前から3つ目の橋の向かって右端を出発点にして橋を渡り、白い建物を通りコンポートの左端を結ぶ曲線が、コンポートの底をなぞって花の右端まで、曲線を伸ばす渦巻状の構図を使っている。遠近方の集束点であり渦巻構図の出発点である手前から3つ目の橋の右橋にまず眼が行き、渦巻曲線を辿って、この絵画の唯一明るい色彩で描かれたコンポートのブーケに視線が辿り付き、しばらく色彩の楽園に遊び、ほっと一息付いたところで眼を上にあげるとノートルダムの塔が眼に入り、この絵画はノートルダムの為に描かれた事に気が付くという仕組みになっている。

ギャルリー亜出果 武田康弘

 

お試しレンタルもできます↓