フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

南仏コートダジュール、アンチーブのペイネ美術館=レイモン・ペイネ愛と平和の世界

友だち追加

南フランス地中海沿いのアンチーブはニース、カンヌ、サントロペ、モンテカルロなどと並んで有名なリゾート地だ。アンチーブ駅から200メートル程の所に旧市街の入り口があり、そのから1km程旧市街を進むと海の手前の広場に面してペイネ美術館がある。ペイネ美術館の正式名称はレイモン・ペイネとユーモラスな作家達の美術館だ。このペイネ美術館と100メートル程離れたところにあるピカソ美術館がアンチーブ市の文化的な観光資源となっている。私は何回がアンチーブに行きペイネ美術館で館長のグジョンさんとレイモン・ペイネのアニーペイネさんにあった.。人共親切な人だ。美術館が面している広場には、ペイネの恋人達の銅像が設置され、ペイネの絵画にでてくるキオスク(野外音楽堂)も最近作られた。

美術館の中には、オリジナル版画、オリジナルポスター、デッサンだけでなくペイネの恋人達が描かれた陶器、ペイネがデザインした人形も展示されている。ペイネの陶器はドイツの会社、人形はフランスの会社が制作して随分うれたらしい。美術館はペイネ人形の全シリーズを揃えたいらしいのだが、現在では入手困難らしい。隣のモナコ公国のグレース王女がペイネのファンでペイネ人形を全種類そろえているので、美術館に譲ってくれるように頼んでいるのだが、良い返事がもらえないらしい。

 

私は、軽井沢のペイネ美術館に頼まれたて、軽井沢ペイネ美術館とアンチーブのペイネ美術館の橋渡しの為何度か、アンチーブペイネ美術館のグジョン館長とレイモン・ペイネの娘のアニー・ペイネさんと会ったが二人とも親切な人だ。