フランス絵画輸入元販売サイト 1986年創立35年の信頼の歴史

クロード・マルス <マジョルカ花瓶のブーケ> オリジナルリトグラフ版画 作家自筆サイン限定部数入り  イメージサイズ40x25cm 額サイズ56x41cm(額付き)

クロード・マルス <マジョルカ花瓶のブーケ> オリジナルリトグラフ版画 作家自筆サイン限定部数入り イメージサイズ40x25cm 額サイズ56x41cm(額付き)

通常価格
¥40,000
販売価格
¥40,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
配送料は無料です。配送の詳細はリンクをご確認下さい。

女性作家のクラウド・マルスは、1942年フランスのコンビェーニュ(オワーズ・フランス)に生まれる。パリのモンパルナス地区とヴォージュ広場のアトリエで絵画を学んだ後、画家としてデビューした。ギャラリー・ラ・グランド・ショミエールに見いだされ独占契約を結んだ。

東洋美術に深い感銘を受けたマルスは、数回にわたってインド、ネパールの芸術村に滞在し多大な影響を受けた。今日におけるマルスの温かく豊かな色彩感覚はそうしたアジア滞在中に培われた。アジア滞在中に彼女が興味深く学んだ伝統美術「バテック(ろうけつ染め)の影響を受けその技術が版画制作にも生かされている。ヨガにも親しみ、その深い精神性が彼女の絵画制作にも影響を与えている。ムーブメントを一瞬の凝結されて永遠のシンボルのように仕上げる作風にはその影響が顕著である。

フランス帰国後のマルスは、画家として国内、または国外における数多くのイベントに参加するだけでなく、ステージデザイナーとしても活躍し日常的にヨガを実践している。

 

彼女宇は 「アートは創造であり、ヨガは完成である。」と語っているが、彼女の創造の源インスピレーションから得た創造をヨガの深い精神性と集中により完成に導いているのだろう。

1980年以降、花の画家として世界に名が知られるようになったマルスは、フランスのディコールフィットと呼ばれる緑豊かな美しい田舎町で花々に囲まれながら暮らしている。画家として人間として自然をこよなく愛するマルスは、彼女独自の生きがいとした色彩と技法によって石版上に美しい花を表現している。